日蓮宗 本覚山 妙勝寺
妙勝寺HOME妙勝寺について境内のご案内催事のご案内地図・交通案内お問い合わせ

■催事のご案内

【当山の年中行事】

正月七日 初祈祷 午後二時

総代・世話人・檀信徒の参加の元に行われる祈祷会です。

二月三日 節分

当山では節分会を厄除祈願祭とし、一年の無事を祈ります。厄年の方はご参拝下さい。

三月 春季彼岸会 永代供養会 九月 秋彼岸会

午後二時に法要を営む、先祖供養をとおし皆様方が仏道修行をし、生死の此岸より 涅槃の彼の岸(悟りの世界)に到る助けをする。
日蓮聖人は"此の七日の内に一善の小行を修せば、必ず仏果菩提を得るべし、余の時節に日月を 運び功労を尽くすよりは、彼岸一日の小善は能く大菩提に到るなり、誰人が此の時節を知りて小善を修せざらん"よ示し、彼岸中七日間の仏事作善を力説している。
春季彼岸会 春季彼岸会

八月十日 盂蘭盆会施餓鬼供養会 午後一時から法話、午後二時から大法要

八月十三日より十六日までの四日間に祖先の霊を迎えて之を祭り瞑神を祈るのが盂蘭盆会であり、 三界万霊有縁無縁の精霊の得脱を念じさらに、新盆を迎える情霊の冥福を祈る為に修すのが施餓鬼会です。
お盆を迎えるに当たり一般家庭においては十二日に仏壇を清めて十三日朝に精霊棚を設ける、精霊棚には百味五果の供物を捧げ、なすやきゅうりを細かく刻んで水鉢に入れ"水の子"を作る、また瓜の馬、なすの牛を飾り亡者の乗用に擬する。
十三日薄暮には"迎え火"を門口で焚き先望の霊を迎え、"迎え団子"を供える。そして十六日には送団子を供える。この間に行われるのが"棚経"です。
盂蘭盆会施餓鬼供養会 盂蘭盆会施餓鬼供養会

十月十二日 お会式 午後三時より

宗祖日蓮大商人は弘安五年(1282年)十月十三日に池上にて六十一才の生涯を閉じられました。 しかし日蓮大聖人は入滅されましたが宗祖自らは、私たちをいまも導いておられます。
そこでこの宗祖日蓮大聖人に報恩感謝のまことをささげる意味で唱題に励み、法華経の進行を増進し、宗祖の願いを自らノちかいとする彼です。
お会式 お会式

十二月三十一日 除夜の鐘 午後零時より

鐘の音によって百人煩悩を消除し常楽光明の新年を迎えるために行われます。 この日には、除夜の鐘と合わせて行われる古いお札の"おたきあげ"がございますので、檀信徒の皆様でお札の処置に困っている方は前日までにお寺へお持ちください。除夜の鐘は108打とすることなく、参拝者が無料で突くことができます。
除夜の鐘 除夜の鐘

正月五月九日 正五九守護神祭

檀信徒の内で守護神をお祭りしている家で行う祈祷会です。上記以外に随時、地鎮祭、方除、水神除、土公神除、厄除、六三除、交通安全等の祈祷が行われております。



日蓮宗の祈祷とは

日蓮宗では古来より相伝される、日蓮大聖人直授の秘妙五段相伝の秘法である祈祷法によって行われます。この祈祷法は、毎年11月1日から2月10日までの寒壱百日間、千葉県市川市にある中山法華経寺日蓮宗大荒行堂で、わずかな苦修錬行を積んだ者だけが相伝されるものであります。当山ではこの祈祷法により家内安全・身体健全・交通安全・当病平癒・厄除祈願・地鎮式・方除・合格祈願など各種祈祷を行っております。


妙勝寺を彩る四季
妙勝寺を彩る四季

春のお彼岸
春のお彼岸

お施餓鬼
お施餓鬼

お会式
お会式

除夜の鐘
除夜の鐘

妙勝寺縁起
妙勝寺縁起

妙勝寺の華ブログ

仕事旅行

まちのお寺の学校ナビ

日蓮宗 本覚山 妙勝寺〒134-0013 東京都江戸川区江戸川6-7-15 http://www.myousyou-ji.or.jp/